2009/5/16(土) 光が丘公園 

【参加者】

いっぱい
・めんどうなのでmixi日記転載。
------------------------------------
------------------------------------
土曜日、14時に光入り。
遠征組も含め大勢のスケーターが集まっていた。

大会主要メンバーで不安定な天気の対応を協議するが、予報が二転三転して結局『延期』に決定。
決断までのプロセスを長々と書いてもしょうがないので割愛。
理想主義者と現実主義者の意見に挟まれた、けいちゃんの憔悴っぷりに合掌。

さくらでの残念会は、翌日の不安を抱えずにスッキリした気分で楽しんだ。
その後、徳島組&ほっちと羽川家に宿泊。
飲み直しの予定が、みんな疲れと飲みすぎで即就寝。

日曜日、日高でBBQのなしを組に合流する気力もなく、徳島組とほっちの車を取りに、ユリコ車で光が丘の駐車場へ。
日高へ行くほっちを見送り、徳島組と昼飯。近所のけいちゃんも呼んで「雨降らねーなー」とグチるw
結局早めに帰る事にした徳島組を見送り、特に予定もないので光が丘公園へ。

14時、スケーターは誰もいない。
ブーツを持ってきてないので、一人滑るけいちゃんを眺める。
雨は降ってないけど、木が揺れ、噴水の水が舞い上がり、パイロンが吹き飛ぶ強風。
しばらくして、相馬一家、さきぽん&ママがやってきて、滑ったりダベったり。

ケイトが並べたミニパイロンは、突風で全て吹き飛んだ。
これが競技中に起こった場合を想像する。
パイロンが吹き飛んで滑走中断、何回ものパイロン直し、風やみ待ち、いつ降り出すか分からない雨に戦々恐々。
そんな状況でまともな大会は無理。決断は正しかったと胸を張ろう。

スタッフと参加者の皆さん、来週も変わらぬテンションでお願いします!


写 真